北海道のサイクリングはHOKKAIDO CYCLE TOURISMから

HOKKAIDO CYCLE TOURISM 自転車で旅する北海道

更新情報

2018年11月22日

サイクル・ツーリズム北海道推進連絡会(事務局:(一社)北海道商工会議所連合会)では、

(株)ナビタイムジャパン(本社:東京都港区)で提供されている自転車専用ナビゲーションアプリ『自転車NAVITIME』の「サイクリングコース」に、北海道では初めてとなるサイクルルートを掲載致しました。

今回掲載するルートは、本連絡会で発行しているサイクル冊子「HOKKAIDO CYCLE TOURISM~自転車で旅する北海道~(H30.2発行)」に掲載している札幌、十勝、釧路・摩周、ニセコ、日高、美唄の6エリアでおすすめの13コースです。 

『自転車NAVITIME』の活用により、各コースで紹介している立ち寄りスポットを自由に組み合わせたルート検索や、現在地からそのコースを走行するナビゲーションが可能です。 

本連絡会と致しましては、より北海道にサイクリング観光客を呼び込めるよう、引き続き、情報発信して参ります。

冊子掲載をお考えの方は、ぜひ、事務局までお問い合わせ下さい。

2018年11月14日

【北海道自転車条例について】

北海道環境生活部くらし安全局からのお知らせです。

☆詳しくは、道のホームページをご覧ください。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/dms/kat/contents/bicyclerule.htm

北海道では、自転車の活用及び安全な利用を推進し、環境への負荷の低減、道民の健康増進、観光の振興等に資することを目的として、平成30 年4月1日から「北海道自転車条例」を施行しています。
条例では、冷涼で爽やかな気候、素晴らしい景観、交通量が少なく幅の広い道路環境など、サイクル・ツーリズムの適地として高いポテンシャルを有する北海道の特性と魅力を生かし、観光客が自転車で観光しやすい環境づくりや情報発信などを進めています。
また、自転車を安全に楽しんでいただくため、自転車利用者や自転車貸付業者等の責務として、乗車用ヘルメットの着用や、自転車の側面への反射器材の着用のほか、万が一の事故に備え、自転車損害賠償保険等への加入について規定しています。
特に、自転車損害賠償保険等については、自転車貸付業者及び自転車を事業の用に供する事業者には、平成30 年10 月1日から加入することが義務となりましたので、皆様のご理解とご協力をお願いします。
【自転車を利用する皆様へ】
他人にケガや損害を与えた場合の事故に補償される保険にあらかじめ加入することが努力義務として規定されております。
ただし、家族で加入している自動車保険や火災保険などに自転車損害賠償保険が付帯されている場合はこの限りではありません。
【自転車貸付業者の皆様へ】
自転車レンタルやシェアリング事業のほか、有償・無償を問わず、観光客や宿泊客など、広く一般に自転車の貸出しを行っている事業者が該当します。
ただし、公園内の広場や通路など、一般交通の用に供さない敷地(不特定多数の歩行者や車が道路から自由に出入りできる状態ではない道路から閉鎖された場所(以下同じ))で貸出しを行っている場合は除きます。
自転車貸付業者に該当する事業者は、事業者(貸主)の過失(自転車の整備不良等)の有無にかかわらず、顧客(借主)が他人にケガや損害を与えた場合の事故に補償される保険への加入が義務として規定されております。
【自転車を事業の用に供する事業者の皆様へ】
従業員の外勤等の移動手段など自転車を事業活動として利用している事業者が該当します。
ただし、従業員の通勤、あるいは事業所の敷地内など一般交通の用に供さない敷地に利用を限定している場合は除きます。
自転車を事業の用に供する事業者に該当する事業者は、業務中の自転車事故は、個人で加入している保険(個人賠償責任保険等)では補償の対象外となりますので、事業者向けの保険(施設賠償責任保険)への加入が義務として規定されております。

☆詳しくは、道のホームページをご覧ください。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/dms/kat/contents/bicyclerule.htm


☆本件に関するご不明な点やお問い合わせについては、下記担当者が直接承ります。
北海道環境生活部くらし安全局道民生活課交通安全グループ
担当者:工藤、藤井

電話L: 011-204-5219 (直通)

2018年9月27日

帯廣神社にサイクルラックが設置されました。

工具の貸出も行われております。

詳しくは「サイクルラック設置リスト」の「十勝エリア」よりご確認下さい。

2018年9月13日

増毛駅にサイクルラックが設置されました。

詳しくは「サイクルラック設置リスト」の「旭川エリア」よりご確認下さい。

2018年7月2日

7月に入りました。

さて、本日2日(月)から「北海道一周ライド」が始まります。

今年はいよいよ北海道を完全に一周!

石狩市からスタート、22日間かけて北海道沿岸2,400kmを走破し、23日(月)に道庁前にゴール!

この様子が“連日”テレビで放送されるようです。

録画をお忘れなく!

UHB みんなのテレビ(15:50~18:55)

2018年5月24日

本推進連絡会発行(H30.2)の「HOKKAIDO CYCLE TOURISM ~自転車で旅する北海道~」の繁体字を更新しました。

2018年5月14日

本推進連絡会発行(H30.2)の「HOKKAIDO CYCLE TOURISM ~自転車で旅する北海道~」の英語版を更新しました。

2018年5月14日

北海道開発局・北海道では、北海道海道自転車条例(平成30年4月施行)や北海道総合開発計画(平成28年3月閣議決定)に位置付けられた北海道内におけるサイクルツーリズムをさらに推進するため、5つのモデルルート間の連携や、推進のためのプラットフォーム形成を図るとともに、取組等を広くPRして多くのサイクリストに北海道でのサイクリングを楽しんでもらうことを目的として、本格的なサイクルシーズンに入り、自転車月間でもある5月に、フォーラムを開催します。

ぜひ、多くの方々のご参加をお待ちしております。

        記 

日時:平成30年5月29日(火) 15:00~17:00

場所:ホテルさっぽろ芸文館 蓬莱の間

 詳しくは、下記のご案内をご覧下さい。

http://www.hkd.mlit.go.jp/ky/release/splaat00000194ji-att/splaat000001abjn.pdf

2018年5月7日

三笠市内のサイクルラック設置情報を記載致しました。

詳しくは「サイクルラック設置リスト」をご覧下さい。

2018年5月1日

1年前の今日は「自転車活用推進法」が施行されました。

本道では、本年4月に「北海道自転車条例」を施行し、サイクリストや自転車関係者も今後の動きに非常に注目しているのではないでしょうか。

さて、4月27日(金)にオープンしました「道の駅石狩あいろーど厚田」を含む石狩市内3箇所のラック設置情報を更新しました。詳しくは「サイクルラック設置リスト」をご覧下さい。

お問い合わせはこちら

エリアコースガイド

  • 札幌エリア
  • 富良野・美瑛エリア
  • 旭川エリア
  • 十勝エリア十勝エリアホームページはこちら
  • くしろエリア
  • 空知エリア空知エリアホームページはこちら
  • 北網エリア
  • ニセコエリア
  • 日胆エリア

Long Ride Course

Hokkaido Resort Ride Chitose – Date – Sobetsu – Toyako – Rusutsu – Makkari – Niseko -Kimobetsu – Kyogoku – Kutchan – Akaigawa – Otaru – Sapporo

人気の道央エリアを快走
  • 詳細なルートを確認はこちら

Hokkaido Resort Ride Chitose – Date – Sobetsu – Toyako – Rusutsu – Makkari – Niseko -Kimobetsu – Kyogoku – Kutchan – Akaigawa – Otaru – Sapporo

サイクリスト憧れの道東へ
  • 詳細なルートを確認はこちら

Hokkaido Great Nature Ride Higashikagura – Asahikawa – Biei – Kamifurano – Nakafurano – Furano – Minamifurano – Shintoku – Shimizu – Shikaoi – Memuro – Obihiro

変化に富む風景を横断
  • 詳細なルートを確認はこちら
  • ガイドブック ガイドブック 日本語版  guidebook English version 旅遊指南繁體字版
  • HOKKAIDO CYCLE TOURISMのイメージムービー はこちら