HES認証取得の流れ
申請協議 HES認証取得のための準備、手続き等について説明を行います。
構築講座受講 取り組み開始から環境マネジメントシステムの構築、審査登録までの全体の流れを把握します。
取組スタート 会社のトップの方が環境保全活動への取り組みを宣言し、取り組み等の計画を作成します。
コンサルティング 必要に応じて、エイチ・イー・エス推進機構からのコンサルタントを派遣します。

システム構築・運用 作成した計画等に基づき、3ヶ月以上、環境への取り組みを実施していただき、実施状況の点検、見直しなどを行います。

【審査に入る事業者の準備条件】
@3ヶ月以上の活動実績があること。
A「最高責任者による評価」が1回以上実施されている
 こと。
Bステップ2・産業廃棄物処理業者用システム規格で
 は、「自己評価」が1回以上実施されていること。
C産業廃棄物処理業者用システム規格では、「環境活動
 レポート」が作成されていること。
受審申請 実施状況の点検・見直しが終わり受審の準備ができたら、エイチ・イー・エス推進機構へ審査登録のための申請書を提出します。
書類審査 HES規格への適合性を把握するための予備的な書類上の審査を受けます。
本審査 事務所や工場等現地でHES登録審査員による審査を受けます。
判定
(認証登録判定委員会)
中立的な立場で審査結果の確認、登録の可否が判定されます。
認証・登録 「合格」と判断された場合は、登録証が交付されます。
定期審査 継続して環境マネジメントシステムが維持・改善されているかを確認するため、登録後1年毎に定期審査、3年毎に更新審査を受け、これを継続していきます。
更新審査

※取組スタートから書類審査まで :約4ヶ月
※書類審査から本審査まで :約1ヶ月
※本審査から認証・登録まで :約1ヶ月