HES構築の流れ
最高責任者の決断 組織が、環境マネジメントシステムに取り組み、その輪を広げていくことをテーマとし、組織のトップの方が自ら先頭に立ってHESを実行する決断を行います。
キックオフ宣言 組織のトップの方が、組織の全員に対してHESの活動に取り組むことを伝え、全員に浸透させ、活動をスタートします。
取り組み体制の決定 環境マネジメントシステムの活動に取り組む役割、分担を決定します。
環境影響要因の調査 「HES・構築の手引き」を参考に、組織が環境に影響を及ぼす抽出を行います。
法的及び組織が同意する
その他の要求事項
組織が規制を受ける法的及び組織が同意するその他の要求事項の内容を調査し、適用を受ける項目の調査表を作成します。
環境に関する基本方針 組織のトップの方は、調査の結果や特定した「環境目的・目標」を考慮して、「環境に関する基本方針」を作成します。
計画 「環境に関する基本方針」を基に、取り組みの計画を作成します。
実行 計画したことを達成するためにマニュアル等を作成し、実行します。
環境に関する自己評価の実施
(ステップ1以外)
「HES・ステップ2」「HES・産業廃棄物処理業者用システム規格」及び法的等に対する順守性や自主的に決めた基準について、その仕組みと運用状況を組織の内部評価員により「自己評価」します。
最高責任者による評価 組織のトップの方は、計画に対する進捗状況等の定期的な確認を行い、記録します。また、その結果をもとに必要な見直しや改善を行い、以後の活動に反映させます。