北海道のサイクリングはHOKKAIDO CYCLE TOURISMから

HOKKAIDO CYCLE TOURISM 自転車で旅する北海道

サイクルレース&イベント

5月 MAY

川上郡弟子屈町

イベント名第5回 グランフォンド摩周
  • 日程:2017年5月27日 (土曜日)〜2017年5月28日(日曜日)
  • コース:美幌峠パノラマコース(80km)、屈斜路カルデラコース(60km)、ロングコース(120km)、ミドルコース(90km)、ショートコース(60km)、他
  • HP:http://www.gf-masyu.com/

道東の絶景ロケーションを走り抜ける長距離ライド。 初心者からたっぷり走りたい方まで、たくさんの参加をお待ちしております。 【大会のオススメポイント】 ・どこまでも北海道らしい、美しい大自然を進みます! ・摩周湖、屈斜路湖、多和平など、絶景ロケーションを走ります! ・地場産品を使った豪華エイド食と、地元の母さん達の温かなおもてなしも人気です!

6月 JUNE

江別市(セラミックアートセンター)

イベント名2017センチュリーランSapporo

今年も、北国の大地に待ちに待った春がやってきました。 一年の初めに、石狩平野の初夏の風を感じながらセンチュリーランSapporoを走ってみませんか。 フルは、青山のダムサイトトンネル入り口までの折り返し、ハーフは、北海道医療大学の前の丘陵地帯を走り抜けます。きっと、爽快な気分となると思います。 ぜひ、多数の方のご応募をお待ちしています。

(出発)函館  (到着)釧路

イベント名北海道一周ライド1700
  • 日程:2017年6月27日 (火曜日)〜2017年7月13日(木曜日)
  • コース:函館~松前~岩内~余市~札幌~増毛~稚内~雄武~斜里~ウトロ~尾岱沼~根室~浜中~釧路
  • HP:http://www.around-the-hokkaido.com/

1,700km 16日間!!(平成30年度は函館市まで設定し、北海道を一周(2,400km)する計画としています。 今年は北海道の玄関口・函館をスタートして、一部「インターナショナル・オホーツクサイクリング」に参加し、釧路までの約1,700kmを16日間かけて走ります。 サポートライダーとサポートカーが同行し、荷物の搬送やトラブルの対応をしますので、初心者の方でも安心です。

7月 JULY

札幌市

イベント名ピクニックライド<第一弾・札幌街中編> 札幌のオシャレな週末コース~札幌スタイルのお店とカフェを巡る
  • 日程:2017年7月01日 (土曜日)
  • コース:[約10km] シーニックバイウェイ支援センター(札幌市北区北11条西2丁目2番17号セントラル札幌北ビル)集合(12:00)→手作り石鹸屋「Siesta Labo」→木工小物専門店「チエモク」→スキンケアショップ「セントモニカ」→雑貨店「山麓デザイン」→「あじとcafe日びの」でカフェ→現地解散(15:00頃)
  • HP:http://www.scenicbyway.jp/topic/11774.html

【定員10名です!!】 いつものまち並み、いつもの道を自転車で走る。きっと見慣れた風景の中にも、新たな発見があるはず。 素敵なカフェや美味しいスイーツのお店に立ち寄ったり、ガーデニングの美しい街並みや田園風景を眺めながら自転車でゆっくりと愉しむ、ピクニックライドに出かけてみませんか? 参加費 おひとり様2,000円(税込)  参加対象 18歳以上、「初心者だけどちょっと乗ってみたい」方、大歓迎!

恵庭市

イベント名ピクニックライド<第一弾・恵庭編> 恵庭のガーデニング・田園風景・スイーツを巡る
  • 日程:2017年7月05日 (水曜日)
  • コース:[約20km] JR恵庭駅集合(11:00)→イタリアンナポリピッツァのお店「チェルボ」と「ジェラテリア・ジジ」でランチ&スイーツ→「花ロードえにわ」で休憩→漁川河川敷→ガーデニングの美しい「恵み野団地」を周遊(ガーデン&スイーツ)→「花ロードえにわ」立ち寄り→黄金地区の「パティスリーイヌイ」でカフェ→JR恵庭駅到着・解散(16:00頃)  
  • HP:http://www.scenicbyway.jp/topic/11774.html

【定員10名です!!】 いつものまち並み、いつもの道を自転車で走る。きっと見慣れた風景の中にも、新たな発見があるはず。 素敵なカフェや美味しいスイーツのお店に立ち寄ったり、ガーデニングの美しい街並みや田園風景を眺めながら自転車でゆっくりと愉しむ、ピクニックライドに出かけてみませんか? 参加費 おひとり様2,000円(税込)  参加対象 18歳以上、「初心者だけどちょっと乗ってみたい」方、大歓迎!

雄武町(出発)

イベント名第36回インターナショナルオホーツクサイクリング2017
  • 日程:2017年7月07日 (金曜日)〜2017年7月09日(日曜日)
  • コース:[オホーツク街道フルコース(212km)雄武町~北見市常呂~斜里町]、[オホーツク街道牧歌コース(53km)雄武町~紋別市]、[オホーツク街道満喫コース(133km)雄武町~北見市常呂]、[オホーツク街道メルヘンコース(41km)網走市~斜里町]
  • HP:http://www.gogookhotsk.jp/

北海道オホーツクの風と大地に感動を与えるインターナショナルオホーツクサイクリング2017が始まります。 10、20、30回目の参加者には、回数に応じたバッジ(非売品)を、完走者には、完走証を贈ります。 前夜祭などイベントにも無料でご参加いただけます。 お待ちしています。

ニセコ山系、倶知安町、共和町、蘭越町、ニセコ町

イベント名第4回 ニセコクラシック
  • 日程:2017年7月08日 (土曜日)〜2017年7月09日(日曜日)
  • コース:140km、70km
  • HP:http://nisekoclassic.com/

「ニセコクラシック」は北海道の雄大な自然を余すことなく堪能できるレースです!前回の2016年大会より「ニセコクラシック」はUCIグランフォンド・ワールド・シリーズの予選大会の一大会として認知され、UCIグランフォンド・ワールド・チャンピオンシップの出場権を得ることが可能です。2017年度のチャンピオンシップはフランス・アルビで開催が決定。レースの他にも、地元の食材、ビール、音楽、パフォーマンスそして花火などが皆様を迎えます!

河西郡中札内村

イベント名第5回 十勝中札内グルメフォンド
  • 日程:2017年7月08日 (土曜日)〜2017年7月09日(日曜日)
  • コース:南十勝縄文ロード 30km、50km、80km、125km
  • HP:http://gf-tokachinakasatsunai.com/

今年で第5回目を迎える、「日本一美味しい」を目指すサイクルイベント。 開催地である十勝は、食糧自給率1236%の「日本一の食糧基地」です。 十勝自慢の食、美味しい空気と水。田園風景を走る、圧倒的スケール感! 昨年同様、縄文遺跡を巡るコースと、今回は125kmのコースに新たに 「大樹町多目的航空公園SORA」が加わります。 太古の浪漫と宇宙へのロマンをお楽しみください!!

8月 AUGUST

(発着)いわみざわ公園野外音楽堂「キタオン」

イベント名北海道そらちグルメフォンド2017
  • 日程:2017年8月20日 (日曜日)
  • コース:ロングコース(約120km)、ミドルコース(約70km)、ビギナーズショート(約40km)
  • HP:http://gf-sorachi.net/

田園・丘陵地帯など南空知の変化に富んだロケーションと、地元食材を中心としたグルメが満喫できるロングライドイベントです。

帯広市郊外 十勝川温泉スタート地点(湯の里会館駐車場)

イベント名第35回 2017センチュリーラン十勝大会
  • 日程:2017年8月27日 (日曜日)
  • コース:東十勝1周・・・十勝川温泉~池田町~十沸~浦幌町~本別町~上士幌町~士幌町~十勝川温泉
  • HP:http://www.tokachi-cycle.com/

160kmのロングランに挑戦してみませんか!! 多くの方のご参加をお待ちしております。

伊達温泉

イベント名第34回 2017センチュリーラン羊蹄山麓大会

最近サイクリストの間で、サイクリスト本来の姿である「走ることへの要望」が強まり、サイクルスポーツとして「センチュリー・ラン」が定着をみています。 100マイル(160km)を自分の好きなスピードで走ることで自己の体力へ の挑戦と完走後の充実感を体験し、併せて参加者各位の親睦を図ります。

9月 SEPTEMBER

函館市、北斗市、他

イベント名ツール・ド・北海道2017
  • 日程:2017年9月08日 (金曜日)〜2017年9月10日(日曜日)
  • コース:[ステージレース]第1ステージ(ロードレース)162km、第2ステージ(ロードレース)185km、第3ステージ(ロードレース)77km  [市民ロードレース]68km
  • HP:http://www.tour-de-hokkaido.or.jp/

ツール・ド・北海道は、1987年10月に日本最初の自転車ステージレースとして開催されてから今回で31回目を迎えます。第11回大会からは、国際自転車競技連合(UCI)の公認大会として承認され、国際大会としても21回目を迎え、海外からも多数のチームが参加を希望するなどいまや国内有数のステージレースになっています。競技は、海外及び国内から20チームを招待して行われ、1チーム5人のチーム成績と個人成績の両方を争うステージレースです。各チームの選手は、団体優勝を狙うのは勿論、チームのエースに個人総合時間賞を獲得させようと、様々な作戦でレースを展開します。また、多くのサイクリストが自由に参加できる市民ロードレースを同時開催します。